転職活動の前

転職を検討している医師の皆さんへ。
転職活動をする前に、医師である自分の分析を行いましょう。
自分で分からない場合は、先輩である医師に客観的な視点で判断してもらうと◎
転職することで生じるデメリットやメリットを考慮して決断することをおすすめします。
医師の皆様は色々な状況を考えた上で、転職活動を行う必要があります。

*★*:;;;;;:*★*:セールスポイントに合ったニーズはありますか?*★*:;;;;;:*★
自分のセールスポイントを過信していたとしても、志望先のニーズや採用条件と一致しなければ意味がありません。

*★*:;;;;;:*★*経済面などの備えは大丈夫???*★*:;;;;;:*★
万が一の失業への備えをしておきましょう。採用1年目は賞与を期待しない方がいいので、特に経済面での備えが重要になってきます。

*★*:;;;;;:*★*仕事を辞めようと思った目的は?*★*:;;;;;:*★
もしも現状に何らかの不満を持っているのであれば、原因を解消することから始めましょう。職場を変えたとしても、同じような問題が起こるようであれば意味がありません。

*★*:;;;;;:*★*現状で解決する方法はないのか?*★*:;;;;;:*★
上司と話し合うことによって、解決の糸口が見つかる場合も。可能性がないのか、再度検討してみることも大切なことです。






What's New


2013/02/11
最新情報2を更新。
2012/11/13
最新情報を更新。
2012/03/14
現状を更新。
2012/03/14
退社を更新。
2012/03/14
引き継ぎを更新。
2012/03/14
退職を更新。
2012/03/14
医師の転職事情を更新。
2012/03/14
ホームページリニューアル

Recommend Entry

現場が変われば

当然仕事もある程度は変わってきます。務める科にもよりますが、慣れるのもなかなか大変でしょう。マイナスなイメージですが、そういった部分もしっかりと考えないと、転職する意味がありませんね。

目的をハッキリする

そうです、どこの病院に勤めようともそもそもの目的をハッキリしないことには持続することも難しいでしょうね。まずは自分の考えをしっかりと把握しましょう。

Recommend Site


m3.com CAREER
病院に直接応募できる求人、多数の医師専門人材紹介会社の求人を検索

医師転職ドットコム
求人数28000件以上、条件交渉代行による年収アップ率146.6%

Dr.転職なび
全国の好条件・高額な常勤の医師求人の情報が満載。